Surface RTがiPad miniよりも安価に、マイクロソフトが「常に1万円引き」に値下げ

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトがタブレット端末「Surface RT」の価格改定を行いました。

競合するiPad miniよりも安価になることがしきりにアピールされています。



進化したタブレット「Surface RT」本体の価格改定

マイクロソフトのプレスリリースによると、同社はタブレット端末「Surface RT」の本体価格について、2013年6月14日から7月14日までの期間限定で実施している一律1万円値下げキャンペーンの価格をそのまま新価格にすることを決定しています。

新価格一覧。32GBモデルは3万9800円、64GBモデルは4万7800円に。この価格はマイクロソフトのオンラインショップのもので、量販店では異なる場合があります。


また、プロモーションサイトでは「iPad mini」よりも安いことがひたすらアピール。

Surface RT 新価格! | Microsoft atLife


iPadの各モデルとの詳細な価格比較が行われています。


Surface RTでできること一覧。「Office 2013 RT」搭載で仕事でも趣味でも利用できる点や、別売りのタイプカバーで快適な文字入力が可能になる点などが強みです。


なお、「iPad miniよりも安い」とアピールされているSurface RTですが、問題は実際にユーザーが使える容量。

32GBモデルの場合、およそ半分がOSとプリインストールソフトウェアによって占められてしまうため、仮に同じ容量のモデルでもiPad miniの方がユーザーの好きなデータをより多く詰め込めるという点に注意が必要です。


・関連記事
4100万画素の超本格カメラ搭載、NOKIAが「Lumia 1020」を正式発表 | BUZZAP!(バザップ!)

「Surface RT」値下げも効果薄、シェア1%未満のWindows RTはWebOSの二の舞か | BUZZAP!(バザップ!)

「Windows Phone 8(WP8)」の市場シェアは3%、メーカー各社が発売延期も | BUZZAP!(バザップ!)

「Xbox One」は11月発売、価格は499.99ドル(約5万円)に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加