かぐや姫が入ってそう?ひび割れた丸太を再利用した、テーブルや椅子にもなる美しいランプ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ひび割れて木材としては使えない丸太が美しいランプに生まれ変わりました。詳細は以下から。

オーストラリアのアーティストDuncan Meerdingさんが作品の素材として選んだのは、ひびが入ってしまい、木材としての利用価値の薄い丸太。薪にして燃やすくらいしか使い道のないこうした丸太から、家具にもなる美しいランプを作ってしまいました。


The Cracked Log Lampsシリーズはこうした丸太の内側を繰り抜き、それぞれの丸太のひび割れに合わせて内部から暖かい光が漏れてくるという作り。部屋の中でも野外でも使用でき、椅子や小型のテーブルとしても使うことができる優れもの。



暗い森のなかでみたらまるでかぐや姫の童話の冒頭のようです。


作品はMeerdingさんのサイトから閲覧可能。基本的には日本への出荷はしていないので、欲しい場合は要交渉。もしくは参考にして自分でDIYしてみてもいいかもしれません。

Home Duncan Meerding Design

Beautiful Cracked Log Lamps Made From Imperfect Salvaged Wood That Can Also Be Used as Furniture


・関連記事
ダサいLEDは嫌!昔ながらの電球の美しさをLEDで再現した「Siphon」が大人気に | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの部屋を一瞬で深い森に変えてしまう奇妙過ぎる形のシャンデリア | BUZZAP!(バザップ!)

平らな板を何でもお好みの家具に作り替えられるガジェット「SNAP」 | BUZZAP!(バザップ!)

太陽光と風力発電を完備、世界中どこでも暮らせるタマゴ型住居「ECOCAPSULE」 | BUZZAP!(バザップ!)

これ最高!84歳のおじいちゃんが孫娘にプレゼントしたのは自作のデス・スター型の焚き火台でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加