「イージー・ライダー」のデニス・ホッパーがレンズ越しに見た60年代の日常風景

このエントリーをはてなブックマークに追加



あの名作映画のシーンの数々には、デニス・ホッパーが見つめ続けた日常風景の裏打ちがありました。詳細は以下から。

アメリカン・ニューシネマの代表作として知られる映画「イージー・ライダー」。その監督と主演を務めたデニス・ホッパーは画家や写真家としても知られる人物です。

彼は1969年に「イージー・ライダー」を発表する前の60年代前半にハリウッドで冷遇されていた時期があり、これらの写真はその時期に撮影されたもの。









デニス・ホッパーは「いつか何らかの影響を持つと考えたことをやっていた。いろいろな意味で、これらの写真によって私は創造的であり続けられた」と語っています。









実際に彼のレンズで切り取られた60年代の、社会の片隅の風景は明らかに「イージー・ライダー」へと結実していることが分かります。








公民権運動やベトナム戦争、ヒッピームーブメントにフリー・スピーチ運動など、社会の分断と変革が荒れ狂った60年代という時代の熱度が確かにここには秘められています。







・関連記事
今も全く古びない、60~70年代をフォルクスワーゲンで駆け抜けた人々の写真 | Buzzap!

中東、アジア、日本、アメリカ、1950年代にスクーターで世界を旅した2人の若者の記録 | Buzzap!

60年代のヴィンテージシンセを修理していたエンジニア、付着していたLSDに触れてトリップしてしまう | Buzzap!

デニムがアートの最前線だった時代、1973年にリーバイスが開催した「デニムアートコンテスト」の作品たち | Buzzap!

【完全無料】伝説のジャムバンド「グレイトフル・デッド」の1万5000本にも及ぶ超巨大アーカイブ | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング