KDDIが災害時の復旧時間を大幅短縮、自動化を活用した運用拠点を東京大阪に開設しパンデミック対策も



災害やパンデミックに強いネットワーク運用をKDDIが進めています。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は本日11月12日に大規模災害時の事業継続計画拠点となる大阪市内の運用拠点でのDX(デジタルトランスフォーメーション)を強化したそうです。

具体的には基地局などの設備故障が発生した際に発生箇所から復旧方法までを自動で判断し、ワンタッチで復旧できるように。

これにより設備故障などの復旧時間を従来と比べて最大40%短縮できるほか、従来の半数以下のエンジニアでネットワークを運用できるため、より安定した通信を提供する方法や新たなサービスの開発に人員を割くことができるようになります。


なお、KDDIは7月に東京都内にも同機能を持つ運用拠点を開設済み。

大規模災害でどちらかの拠点での運用が困難となった場合にも通常と同等の運用ができるほか、パンデミックなどに備えて自宅などからリモート監視できる環境も整備するとしています。

・関連記事
KDDIがセンチ単位の高精度測位サービス「PPP-RTK」提供へ、高速移動にも強く自動運転や自動配送を安価に実現 | Buzzap!

KDDIが使い放題で月額990円の「au応援割」など「つなぐ応援プログラム」第1弾開始、無料のAmazonプライムも付いて半年経過後も割安に | Buzzap!

懐かしのauデザインスマホ「INFOBAR A03」新品が家電量販店で発見される | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング