ウィルコムとイー・モバイルが提携、それぞれの商品を取り扱いへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンク傘下になったウィルコムとイー・モバイルが提携することが発表されました。



WILLCOM|ウィルコムプラザおよびイー・モバイルショップにおける相互商品取扱い開始について ~ウィルコムプラザでイー・モバイル商品を、イー・モバイルショップでウィルコム商品をそれぞれ販売開始~

ウィルコムとイー・アクセスが連名で発表したプレスリリースによると、本日2013年1月17日(木)から全国のウィルコムプラザおよびイー・モバイルショップにおいて、以下のそれぞれの商品の取扱いを順次開始するそうです。

ウィルコムプラザで新たに取扱いが開始されるのは世界初となる下り最大150MbpsのLTE「UE category 4」をサポートし、最大10時間駆動にアップデートされたモバイルルーター「Pocket WiFi LTE(GL04P)」。


そしてイー・モバイルショップではスマフォの外付けバッテリーとしても利用できる「ENERUS<WX03S>」を取り扱い開始。


ほかにも「HONEY BEE 5<WX07K>」といった音声端末が取り扱われることになります。


かつては定額データ通信で争い、「だれとでも定額」と「通話定額オプション」といった音声通話定額サービスでも衝突していたものの、気がつけばいずれもソフトバンクの傘下となっているウィルコムとイー・モバイル。

音声通話特化へと大きくシフトしたウィルコムと、データ通信サービスがメインのイー・モバイルの双方の強みを生かすことになる今回の提携ですが、いずれ発売されるであろう通話もできるモバイルルーター「PORTUS」の第2弾がイー・モバイル回線を利用したものへと変更される可能性はあるのでしょうか。


・関連記事
カラフルでシンプルなウィルコム新機種「STOLA WX08K」レビュー、待ち受け時間はなんと1ヶ月半 | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「あんしん保証サービス」導入で月額料金値上げ、「あんしんサポート」は廃止 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがイー・アクセス株の大半をSamsungなどに売却へ | BUZZAP!(バザップ!)

「GL01P」「GL02P」は「GL04P」に無償交換可能か、サポートセンターで対応中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加