2万円の格安スマホ「Zenfone Go ZB551KL」、4月2日に発売へ



先日お伝えしたASUSのエントリースマホ「Zenfone Go ZB551KL」の発売日が決定しました。詳細は以下から。

ASUSのプレスリリースによると、当初3月下旬と告知されていたZenfone Go全カラー(ブラック、ホワイト、ブルー)の発売日が4月2日(土)に決定したそうです。いずれも市場小売価格は1万9800円。

Zenfone Goは5.5インチHD(1280×720)液晶にSnapdragon 400(クアッドコア、1.4GHz)、2GB RAM/16GB ROM、500万画素フロントカメラ、3010mAhバッテリーなどを備えたAndroid 5.1.1スマホ。


エントリーモデルながら背面カメラ(800万画素)にデュアルカラーLEDフラッシュを採用するなど、ハードウェア面で妥協していない点もポイントです。


対応バンドは以下の通り。4G/3G/2G対応のSIMカードスロットが2つあるものの、国内では4G/3G/2G回線を同時利用することはできません。

・4G(FDD-LTE)
2,100(1), 1,800(3), 850(5), 800(6), 2,600(7), 900(8), 1,700(9), 800(18), 800(19), 700(28) MHz
・3G(W-CDMA)
2,100(1), 1,900(2), 850(5), 800(6), 900(8), 800(19) MHz

また、純正アクセサリーとして専用アプリに素早くアクセスできる窓付の「View Folio Cover(ビューフォリオカバー)」やブルーライトを軽減する液晶保護フィルムも順次発売予定とされています。

・関連記事
ASUSのスマホ事業が黒字化達成、「Zenfone 3」発売予定も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

1GBたった150円!?格安スマホ「mineo」がパケットギフト解禁でとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSがZenfoneシリーズのAndroid 6.0アップデート予定を公開 | BUZZAP!(バザップ!)

Zenfone Zoom夜景撮影レビュー、すごいのは光学3倍ズームだけじゃなかった【前編】 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング