「伝説のおかま」こと東郷健氏が逝去、「The Gay」創刊や政見放送でタブーを連発

このエントリーをはてなブックマークに追加



ゲイ雑誌「The Gay」を創刊し、政見放送ではタブーを連発した「伝説のおかま」こと東郷健氏が逝去したことが明らかになりました。



Twitter / @op1pianist: 【訃報】確認取れました。友人が、息子夫婦の奥さんと連 ...


FMのパーソナリティーなどを務める巨匠マドモアゼル・マダム・キタロー氏のツイートによると、東郷健氏が2012年4月1日に79歳で亡くなられたそうです。

東郷健氏はSMの巨匠・団鬼六氏を輩出したことでも知られる関西学院大学を1955年に卒業し、第一銀行行員やガソリンスタンド・ブロイラー養鶏場経営を経て、兵庫県姫路市に当時まだ珍しかったゲイバーをオープンしたほか、1981年にはゲイ雑誌「The Gay」を創刊するなど、ゲイ産業に従事。

そのかたわらで同性愛者であることを公言し、自らが立ち上げた「雑民の会」「雑民党」を通して各種選挙に立候補するなど政治活動にも注力。まだ現代と比べて同性愛に対しての理解が薄い、1971年の参議院選では選挙カーから「オカマ、オカマの、東郷、健。参議院議員立候補、オカマ、オカマの東郷 健がまいりました」と叫ぶなどのエピソードもある人物です。

「伝説」という呼び声も高い、東京知事選に立候補した際の政見放送。「すごい」としか言いようがありません。一度見てみることをオススメします。
伝説の東京都知事選の 立候補者東郷健の政見放送 - YouTube


1987年東京都知事選挙の政見放送。一部を抜粋するだけでも、とてつもない内容であることが分かります。

1987年東京都知事選挙政見放送 東郷健(雑民党)

ここで私は、この度はオカマの恥部も含めて、総て語らねばなりません。男達は総て、九十九%オカマです。それが精神的か、或いは愛か、愛と共に肉体と走るか、それぞれ違うだけなのです。

 で、ゲイの人達は、その、「結婚せなあかん」という偽りの結婚をしてしまいます。男が男を愛する、差別から来るものです。だから、その偽りが、その発散が、人よりも多くSEXの、オーバーなSEXに走るっていうことになる訳です。それが証拠に私も三人の子供がありますし、結婚も、偽りの結婚もしました。

 そのSEXの欲望、そいで性に対する際限ない欲望と、そいから物に対する際限ない欲望が、性に対してはAIDSとか、B型ビールス肝炎とかが流行っております。

 物に対しては、AIDS菌をばら撒いているようなもので、自・公・民の東京都知事など推薦したとしても、その人達が物に対するAIDS菌をばら撒いているようなもので、東京都をやがて滅亡にほろぼ、陥れようとしています。それは必ず歴史が証明すると思うんです。

 そして、今その、AIDS菌の一番原因になっているゲイ達の、ゲイサウナ、ゲイ旅館、ゲイホテルっていうのが日本にもあるんですけれど、それに対して誰も手を付けようとしていません。保健所も、それを問い合わせても、全くありませんっていうことでしたし、厚生省も知らないんです。


なお、東郷健氏は2006年に新宿ゴールデン街に「Bar 東郷健(2011年に閉店)」をオープンし、イベント「もっともっと愛を」を毎年開催するなど、晩年も精力的に活動。その様子は以下のページで紹介されています。

もっともっと愛を ─ 帰ってきた東郷健


・関連記事
追悼会「東郷健を偲ぶ」開催へ、監督映画上映や寺山修司作詞・J.A.シーザー作曲「薔薇門」ライブも | BUZZAP!(バザップ!)

田亀源五郎が「銀の華」アニメ化報道を否定、「ネタ」としての扱いに「心が折れそうになる」とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

「薫の秘話」「まほおつかいミミッチ」の松田洋子最新作「ママゴト」2巻が発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が爆音映画祭で上映決定、ファンの思いが実る | BUZZAP!(バザップ!)

大阪のハッテン場「TOUGH(タフ)」が摘発、デストラクションに続き | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイ向けホテル「The Out NYC」オープン、最大4人の見知らぬ人と相部屋も可能 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加